人気ブログランキング |

~熱中症について~

青森市では最近30度を越す暑い日が続いていますが、皆様体調は崩しておりませんか?
そんな今の時期、誰でも条件次第で起こりうる熱中症についてお伝えしようと思います。

熱中症とは気温が高い状態が長く続くと発汗して、水分や塩分が失われてしまい、また湿度が高いと汗が蒸発せず、熱がこもったままの状態になった結果体の中の熱が放出されなくなってしまう状態のことを言います。

●熱中症の重症度分類について
1度(軽症)・・・熱失神、めまい、筋肉痛、こむら返り、大量の発汗
  *熱失神:皮膚の血管が拡がることにより血圧が低下・脳血流が減少して起こる。
2度(中等症)・・・熱疲労、頭痛、気分の不快、吐き気、倦怠感、虚脱感
  *熱疲労:体から大量の水分・ナトリウムを失調し、暑さで極度に疲弊した状態。
3度(重症)・・・熱射病、意識障害、けいれん、手足の運動障害、体に触ると熱い位の高体温
  *熱射病:屋内・屋外を問わない。汗が出ず、40度以上の高体温となって命にかかわること
   もある。

●最近は自宅での熱中症が増加しています
今の住宅は密閉性が高く風通しが悪く、窓を締め切り冷房を使わないと室内は外気温以上に上がります。
体温の調節機能が衰え熱中症になりやすい高齢者が室内にいる割合が高くなったのも件数が増加している要因の一つになっています。

●万が一、熱中症になってしまった場合にはどう対応すればよいのでしょうか?
⒈涼しい場所に移動し、衣服をゆるめてリラックスさせる
⒉首筋、脇の下、脚の付け根を冷やす
⒊顔が赤いときは頭を高く、青白ければ足を高くして寝かせる
⒋意識はあり、嘔吐がなければ水分補給させる
⒌皮膚が熱ければ風を送ったり熱い部分に濡れタオルを当てる
⒍皮膚が冷たければ濡れタオルをしぼり冷たい部分をマッサージする
⒎意識がなかったり、急に体温が上がったらすぐ救急車を呼ぶ

●熱中症にならないためには
水分補給
 のどの渇きを感じる前にこまめに水分を摂ることが大事です。
エアコン
 室温28度、湿度70%を超えたら我慢せずにエアコンを使いましょう。
高齢者のサポート
 高齢者は脱水症状が始まっても自分で体の異変に気づきにくくなっていることがあり、また高血
 圧や糖尿病など持病のある方も重症化しやすい傾向にあるため、声がけなど周りの人の協力も
 大切になります。

熱中症対策グッズ
f0372826_17024216.png
f0372826_17133074.jpg
   大塚製薬                  株式会社クリニコ
  オーエスワン                 アクトウォーター





熱中症の症状が見られる場合で意識がはっきりしない場合は病院へ!!

意識がはっきりある場合は涼しい日陰や冷房の効いた屋内で適切な水分・塩分補給を行って安静にしましょう。


今の時期はこまめにお水分・塩分の補給をして熱中症を予防しましょう!!

by aomori-chouzai | 2017-07-28 17:43 | 健康サポート