人気ブログランキング |

~アルコールと薬~

一年を通じてお酒を飲む機会は多々あると思います。
お酒が好きな方や毎日晩酌される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

薬局に来られる方とお話するなかで、「薬を飲んでいるけどお酒は飲んでも大丈夫?」
という質問を受けることがあります。

今回はアルコールが薬にどのような影響を及ぼすのか紹介していこうと思います。
~アルコールと薬~_f0372826_17263453.png














アルコールや多くの薬は肝臓で代謝されます。


アルコールはアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに代謝されアセトアルデヒド脱水素酵素により代謝され酪酸となり、最終的に炭酸ガスと水に分解されます。


一方セフェム系抗生物質や抗酒剤は、アセトアルデヒド脱水素酵素を阻害します。このような薬とアルコールを一緒に飲むと、アセトアルデヒドの濃度が高まり頭痛、吐き気、胃痛などのいわゆる二日酔いのような症状が出てきます。


またアルコールによって薬が代謝されにくくなるものもあります。薬が代謝されず体内に薬が多く取り込まれることで副作用のリスクが高くなり、その結果様々な障害を引き起こすこともあります。

~アルコールと薬~_f0372826_17310273.jpg














解熱鎮痛剤や抗アレルギー薬は脳の神経系の過剰な働きを抑えて効果を発揮します。

そしてアルコールにも脳の神経系を抑える作用があるのでこれらの薬と一緒に飲むと抑制作用が増強してしまうので危険です。睡眠薬も同じで、アルコールと一緒に服用すると抑制作用が強まります。眠気や意識障害、呼吸抑制、筋弛緩作用による転倒、骨折などの危険性が高まります。


血圧の薬や心臓の薬を飲んでいる方も注意が必要です。アルコールには血管を広げる作用があります。血圧の薬や心臓の薬の一部も同じ働きをするため一緒に服用すると血圧が異常に下がってしまい、めまい・ふらつき・失神などの低血圧症状が出ることもあります。


~アルコールと薬~_f0372826_17394603.png

このようにアルコールと薬には相互作用があり、薬による治療に影響が出ることがあるため注意が必要です。

薬で治療中のかたは禁酒していただくのが理想的です。しかし、長期間服用しなければいけないお薬の場合、ずっと禁酒をするのは厳しいと思います。お酒が薬にどのように影響するか理解してお酒とつきあっていきましょう。


by aomori-chouzai | 2020-03-02 17:47 | 健康サポート